FXで勝てない理由知りたいですか?基本ルール学びましょう。

DRIVE FX

FX講座 手法

数あるインディケーター。全て理解することははたして必要か?

更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXのテクニカルトレードをする人に欠かせないもの、それがチャートです。

わたしはチャートソフトとして「MT4」を普段使用していますが、今は各証券会社もチャートに力を入れていて見やすいものもたくさん出ているようです。

どのチャートソフトを使っても大丈夫です。

自分が使いやすければそれでいいので。

わたしはずっともう何年もMT4を使っているので、ある意味使いこなしています。

ですから「MT4」が一番使いやすいので、使っているということです。

FXを始めて間もない方などは、最初にチャートソフトを開いた時にインディケーターの多さに驚かれるのではないでしょうか?

MT4にもデフォルトからたくさんのインディケーターが入ってますし、各社のチャートソフトにも定番のものからその会社のオリジナルインディケーターまで最近は入ってるみたいです。

どんどん便利になっていっています。

ですが、たくさんあれば便利は便利ですが、逆に多すぎて「何を知っていたらいいのか。」「どのインディケーターを使ったらいいのか」「すべてを知っていないといけないのか」など思う方もいらっしゃると思います。

数あるインディケーターについて、勝ち組トレーダーになるためには、どの程度理解していたらいいのでしょうか?!

膨大な数のインディケーター全てを理解することははたして必要か?

まず答えから言ってしまうと、「自分のルールに必要なインディケーターのみで良い。それ以外は理解する必要はない。」ということです。

例えば今のわたしはトレードルールが複数ありますが、その中でもメインのトレードルールは、「ローソク足とラインとフィボナッチ」を使ったルールです。

この中にはインディケーターはありませんので極論をいうと何一つインディケーターの事を知らなくても「ローソク足」と「ライン」と「フィボナッチ」の使い方さえ知っていればトレードをして利益を出すことができるということです。

1つポイントがあります。

これは「今のわたし」という視点から見るとそうなるのですが、実際はこうなるまでに色々な経験をしているわけですね。

その経験の途中では色々なインディケーターを使ってきました。

「MA(移動平均線)」1つにしても「SMA」がいいのか「EMA」がいいのか「WMA」がいいのかなどを細かく検証したこともありますし、ボリンジャーバンドやパラボリックやストキャスティクスなどのメジャーのインディケーターを研究したこともあります。

その他にも実は一番多いのは、インターネットの世界に無数に落ちている「オリジナルのインディケーター」です。

ホームページやブログで紹介しているもの、為替の雑誌で紹介しているもの、たまたまネットの検索で見つけたのなど、今までに自分のMT4に入れて検証したものは数え切れないくらいあります。

そういった経験をした上で今のトレードルールがあるのです。

そういった意味でいうと、「自分が興味を持ったもの」は調べて、実際に自分のMT4に入れて動きを確認するのが大事だと思います。

その時間は決して無駄にはなりません。

わたしの友人のトレーダーでもインディケーターを使って利益を出し続けているトレーダーもいますから。インディケーターを使ってトレードで勝ち続けることもできます。

わたしは色々と経験した上で、ローソク足とラインとフィボナッチのみでトレードした方が「自分には合っている」と思ったので実行しているということです。

ですが、このわたしの今のメインのトレードルールは、他人が理解するにはなかなか難しいようです。

ルール自体はとてもシンプルなんですが、その背景にはわたしの様々な経験がありますし、口に出さなくても無意識でチャートの中で判断しているポイントがあるのです。

そのポイントなどを事細かく人に教えるのは大変だと思いました。

そして自分のトレードルールに比較的カンタンなものを追加したのです。

それが「トレンドライブ」です。

詳細は「トレンドライブ」のホームページを見ていただけたらと思います。

Tren-Drive | FXで安定して「勝ち続ける」為の手法とロジック学べるカリキュラム動画
http://trendrive-fx.com/lp1/tr//

トレンドライブは勝ち続けるための考え方と
手法が手に入るオンライン動画サービスです。

「トレンドライブ」ではインディケーターを使っています。

人にトレードを教える時には、入り口としてインディケーターを使った方が伝えやすいということを思ったからです。

今までは「インディケーターなんて使わなくてもトレードで勝つことはできる。」という風に思っていましたが(今も思っていますがw)、今は「インディケーターも使い方によっては便利だな。」という風に思ってます。

まとめ

話が少し脱線しましたが、「自分のトレードに使うインディケーター」「自分が興味をもったインディケーター」について、実際にMT4に入れてみて色々と見てみましょう。

チャートを見る時間が増えますし、今までとチャートが違う感じに見えるかもしれません。

何よりのキーワードとしては、「チャートと友達になる。」ということですね。

その中でインディケーターのことも仲間に入れてあげてねって感じです。

人気FX会社をわかりやすく解説!
FX初心者の方へ、勝ち続ける為の考え方をまとめた無料レポートをつくりました

勝ち続ける投資家心理
【勝ち続ける投資家心理】
著者 Tren-Drive受講生 福島 稜真
目次 (PDF全49ページ)

  1. ご挨拶
  2. 成功者に聞いたFXで必要な事
  3. FXで損をする人が多い3つの理由
  4. 不安なままトレードすると絶対に負ける
  5. FXで勝ち続けている人の考え方とは
  6. トレードで負けてお金が減るのは当たり前
  7. いかに上手に負けるかが利益を出し続ける為には重要
  8. FXで成功している人が語るFXの最終ゴールは
  9. FXでどんなに利益を出していても忘れてはいけない事
  10. 最後に
なぜ同じ相場、同じチャートでなぜ勝ち続ける人と、負ける人がいるのか、その違いをこのレポートに書いています!是非見て下さい!

見る

MT4人気ランキング

MT4が使えるFX会社ランキングMT4はカスタマイズ性に優れたFX取引ツール!チャートの便利さ、高機能で誰でも無料で使えるのが人気!

FOREX.com

フォレックス・ドットコムMT4

MT4を使いながら1000通貨(ドル円なら約4000円)から取引が可能なので、デモ取引だと実際の感覚が分からない。と言う方はFOREX.comを開設してMT4でリスクの少ない1000通貨での取引で練習のつもりで取引してみるのはいかがでしょう?

OANDA FX

MT4スプレッド2

ドル/円だと、4円から取引可能!取引単位も1通貨の為、1通貨刻みの細かい取引が可能です。日本の業者には滅多に無い5秒足まで見れるため、デイトレーダーの方に重宝! オアンダが選ばれる7つの理由は公式サイトで!

FXトレード・ファイナンシャル

らくらくFX

Macでも使えるウェブ版MT4を提供!また他の会社にはない発注ツールFXTFミニターミナル(Mini terminal)を利用すればシームレスな取引が可能!詳しくは公式サイト下部をご覧ください。

-FX講座, 手法
-,

Copyright© DRIVE FX , 2018 AllRights Reserved.