スポンサーリンク

数あるインディケーター。全て理解することははたして必要か?

FX講座

FXのテクニカルトレードをする人に欠かせないもの、それがチャートです。

わたしはチャートソフトとして「MT4」を普段使用していますが、今は各証券会社もチャートに力を入れていて見やすいものもたくさん出ているようです。

どのチャートソフトを使っても大丈夫です。

自分が使いやすければそれでいいので。

わたしはずっともう何年もMT4を使っているので、ある意味使いこなしています。

ですから「MT4」が一番使いやすいので、使っているということです。

FXを始めて間もない方などは、最初にチャートソフトを開いた時にインディケーターの多さに驚かれるのではないでしょうか?

MT4にもデフォルトからたくさんのインディケーターが入ってますし、各社のチャートソフトにも定番のものからその会社のオリジナルインディケーターまで最近は入ってるみたいです。

どんどん便利になっていっています。

ですが、たくさんあれば便利は便利ですが、逆に多すぎて「何を知っていたらいいのか。」「どのインディケーターを使ったらいいのか」「すべてを知っていないといけないのか」など思う方もいらっしゃると思います。

数あるインディケーターについて、勝ち組トレーダーになるためには、どの程度理解していたらいいのでしょうか?!

膨大な数のインディケーター全てを理解することははたして必要か?

まず答えから言ってしまうと、「自分のルールに必要なインディケーターのみで良い。それ以外は理解する必要はない。」ということです。

例えば今のわたしはトレードルールが複数ありますが、その中でもメインのトレードルールは、「ローソク足とラインとフィボナッチ」を使ったルールです。

この中にはインディケーターはありませんので極論をいうと何一つインディケーターの事を知らなくても「ローソク足」と「ライン」と「フィボナッチ」の使い方さえ知っていればトレードをして利益を出すことができるということです。

1つポイントがあります。

これは「今のわたし」という視点から見るとそうなるのですが、実際はこうなるまでに色々な経験をしているわけですね。

その経験の途中では色々なインディケーターを使ってきました。

「MA(移動平均線)」1つにしても「SMA」がいいのか「EMA」がいいのか「WMA」がいいのかなどを細かく検証したこともありますし、ボリンジャーバンドやパラボリックやストキャスティクスなどのメジャーのインディケーターを研究したこともあります。

その他にも実は一番多いのは、インターネットの世界に無数に落ちている「オリジナルのインディケーター」です。

ホームページやブログで紹介しているもの、為替の雑誌で紹介しているもの、たまたまネットの検索で見つけたのなど、今までに自分のMT4に入れて検証したものは数え切れないくらいあります。

そういった経験をした上で今のトレードルールがあるのです。

そういった意味でいうと、「自分が興味を持ったもの」は調べて、実際に自分のMT4に入れて動きを確認するのが大事だと思います。

その時間は決して無駄にはなりません。

わたしの友人のトレーダーでもインディケーターを使って利益を出し続けているトレーダーもいますから。インディケーターを使ってトレードで勝ち続けることもできます。

わたしは色々と経験した上で、ローソク足とラインとフィボナッチのみでトレードした方が「自分には合っている」と思ったので実行しているということです。

ですが、このわたしの今のメインのトレードルールは、他人が理解するにはなかなか難しいようです。

ルール自体はとてもシンプルなんですが、その背景にはわたしの様々な経験がありますし、口に出さなくても無意識でチャートの中で判断しているポイントがあるのです。

そのポイントなどを事細かく人に教えるのは大変だと思いました。

そして自分のトレードルールに比較的カンタンなものを追加したのです。

それが「トレンドライブ」です。

詳細は「トレンドライブ」のホームページを見ていただけたらと思います。

Tren-Drive | FXで安定して「勝ち続ける」為の手法とロジック学べるカリキュラム動画

トレンドライブは勝ち続けるための考え方と手法が手に入るオンライン動画サービスです。

「トレンドライブ」ではインディケーターを使っています。

人にトレードを教える時には、入り口としてインディケーターを使った方が伝えやすいということを思ったからです。

今までは「インディケーターなんて使わなくてもトレードで勝つことはできる。」という風に思っていましたが(今も思っていますがw)、今は「インディケーターも使い方によっては便利だな。」という風に思ってます。

まとめ

話が少し脱線しましたが、「自分のトレードに使うインディケーター」「自分が興味をもったインディケーター」について、実際にMT4に入れてみて色々と見てみましょう。

チャートを見る時間が増えますし、今までとチャートが違う感じに見えるかもしれません。

何よりのキーワードとしては、「チャートと友達になる。」ということですね。

その中でインディケーターのことも仲間に入れてあげてねって感じです。

タイトルとURLをコピーしました