スポンサーリンク

世間のレバレッジへの考え方は勘違い。正しい理解があればそこに危険性はない。

レバレッジは危険ではありません。大事なのは資金管理 FX講座

投資に絶対はないです。

リワードがあればリスクがある。それが投資です。

その投資の中でもFXは特にリスクが大きいと言われることがあります。それは「レバレッジ」をかけることができるからです。

「レバレッジ」というのは「てこ」という意味で、例えばですが、レバレッジ25倍というと100万円の資金で2500万円分のトレードができるといった感じです。(正確にいうと証拠金維持率などの条件があるので違いますが、イメージとして捉えてください。)

要は、一般的なイメージでは自分の持っている資金以上の金額の投資するから負けた時に借金を背負ってしまうというイメージに結びつくようです。

たまにニュースなどに出た時も「トレーダーが大損して破産。」みたいな見出しで書かれるので何も知らない人からしたらそれが当たり前になるのは仕方ないかもしれません。

ですが、実はそれは間違いなのです

もちろん絶対に損をしないといった話ではありません。そうではなく、皆さんが思っているような危険はないということなのです。

このレバレッジを正しく理解し、かつ活用することができればむしろトレードを行うという点においてプラスに働きます。それらを説明していきます。

FXトレードで「勝つ」ではなく「勝ち続ける為」のトレード方法を教えているオンラインカリキュラム動画です。この記事を執筆しているたけちん氏が講師として活躍しております。稼ぐ為の考え方に始まり、稼ぎ続ける為のロジックを受講者限定で手に入れる事が出来ます。詳しくはサイト内でお問合せを!稼ぎ続けるロジックと考え方を学べるトレンドライブ

レバレッジの考え方。

まずFXの証券会社には、国内の業者と海外の業者があります。

そして更に個人口座と法人口座にわかれます。

今現在、一番多くの人が使っているであろう国内業者の個人口座は最大レバレッジが25倍となっています。

余談になりますが、わたしがトレードを始めた5,6年前はレバレッジの規制がなく200倍や400倍の業者もありました。今はレバレッジ規制が行われ25倍が最大となっています。

これは個人口座に適用されるので、法人口座の方は業者によって今でも100倍以上のレバレッジで取引することが可能です。

海外の業者も日本のレバレッジ規制の対象外になりますので25倍より大きなレバレッジが設定されている業者がほとんどです。

ここで間違ってほしくないのが、レバレッジが高い=危険ということではないということです。

レバレッジが高いというのは危険と言う事ではなく余裕が生まれると言う事です。

レバレッジが高いということは簡単にいうとトレードでポジションを持つときに必要な必要証拠金というのが少なく済むということなのです。

例として書くと、レバレッジ25倍の国内口座では、ドル円1枚のポジションを持つのに必要な証拠金は約5万円。これが200倍の口座だと、6000円ほどでいいのです。ポジション量として約8倍持つことができるということなのです。だからといって必ず持つという話ではありません。口座の資金に余裕を持ちながらトレードできるということです。

つまり業者の設定しているレバレッジの高い低いで危険度が変わるのではなく、結局自分がどういったトレードをするのか、どういったポジションをとるのか、それらが直接影響するということなのです。

と、いうことは、わたし達がトレードする時に資金管理を徹底したトレードルールを作ることによって、このレバレッジによるリスクというのはいくらでもコントロールできるということです。

むしろこのレバレッジがあるから30万円といった少額からでもFXトレードを始めることができるのです。これはありがたいことですね。

レバレッジ=危険ではない。大事なのは資金管理。

投資で勝利するポイントは資金管理
ですので、レバレッジに対する勘違いのイメージはなくしてくださいね。レバレッジがあるから30万円からでも100万円以上の資金を作ることができますし、もっと何千万円という桁の資産になってくればより安全な資金管理でトレードできるようになります。

これについてもどこかのタイミングで書こうと思っています。レバレッジをうまく活用してトレードしましょう。

下記リンクバナーより私の提供しているオンラインFX講座トレンドライブ「勝ち続ける為の10の習慣」のHPに飛ぶ事が出来ます。トレードで利益を出す為に必要な考え方、トレードで利益を出し続ける為に必要なトレードスキルを動画解説でカリキュラムにし提供しております。気になる方は是非ご覧いただければと思います。宜しくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました