FXで勝てない理由知りたいですか?基本ルール学びましょう。

DRIVE FX

FX講座 スキルアップ

スキャルピングのメリットとデメリット

更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXのトレードスタイルは大きくわけると、スイングトレード(長期)、デイトレード(中期)、スキャルピング(短期)となります。

わたしの今メインで行っているトレードは、基本的にデイトレードになりますが、前はよくスキャルピングをしておりまして今でもたまにまとまった時間が取れる時はスキャルピングをすることがあります。

わたしのトレード仲間にもスキャルピングが得意なメンバーが何人かおりまして、最近スキャルピングで一緒にトレードする機会があり色々な話をその時にしたのでこの記事ではスキャルピングについて書いていきます。

そもそもの大前提としてわたしのトレードの考え方でいうと、時間足によってトレードを変えるということがありません。

つまりどの時間足でも同じようなトレードをするということです。
ということはデイトレードの時もスキャルピングの時も、もちろんスイングトレードの時も見ている時間足が違うというだけで基本的にはやることは同じなのです。

普段15分足や1時間足でエントリー〜決済しているものを1分足や5分足で完結してしまうというだけの話になります。

これだけを言ってしまうとスキャルピングの細かい話になりませんので、特にスキャルピングをするということのメリットとデメリットについて説明しましょう。

スキャルピングのメリット

スキャルピングのメリット①
トレードチャンスが豊富

まずスキャルピングのメリットですが、1つは「トレードチャンスが多い」ということです。

1分足や5分足でトレードすることが多くなりますので、それだけチャンスが増えます。

1分足だと1分に1本のローソク足ができるわけですから当然その分エントリーや決済をするタイミングが多くなりますよね。

なので例えばサラリーマンの方が夜に会社から自宅に帰って寝るまでの数時間でトレードするといったスタイルの場合に最適なのです。

流れとしては、大きな時間足の分析はもちろんしますが、その中でチャンスになりそうな通貨ペアを選んでその通貨ペアでスキャルピングをして利益を上げていくという流れになります。

例としてわたしが友人のトレーダーと一緒にトレードした時は3時間程度でしたが、わたしが7回、彼は20回近くのトレードをしていました。

それだけのチャンスがあり、利益を上げることができる可能性があるということは大きなメリットだと思います。

スキャルピングのメリット②
「デイトレに変更できる」

次にあるメリットは、「スキャルピングでエントリーして、決済はデイトレレベルまで伸ばせることがある」ということです。

これはどういうことかと言いますと、例えば1分足で押し目でエントリーしたとします。
押し目ということは上昇を見込んでいるわけです。
そしてこの時に1時間足レベルでも上昇の途中だとすれば、1時間足の決済目標のポイントまでそのポジションを引っ張ることができるということですね。

当然絶対毎回そういったチャンスがあるわけではありませんが、大きな時間足をしっかりと分析している場合は、こういった大きな目線を持つままスキャルピングをすることになりますから、時にはこういったチャンスが生まれるわけです。

1分足でエントリーする時は損切りまでの値幅が1分足なので小さいですが、仮に1時間足の目標値まで狙えるとしたらリスクリワードはとてつもなく良くなるので効率のよいトレードができるようになるのです。

スキャルピングをする時は必ず大きい時間足の方向感を確認しながら行うと思いますが、その時に目標値も一緒に見ておくとこういったトレードができます。

スキャルピングのメリット③
「どの時間足でも余裕を持って見れるようになる」

最後のメリットとしては、「1分足などの小さい足に慣れると他の時間足を見る時に余裕を持って見れる」ということもあります。

普段15分足や1時間足でトレードしている人が1分足をいきなりみるととても早く感じると思います。

よく「そんな早い動きについていけない。」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

これは人間誰でもそうだと思います。

普段見ているもののスピードが早くなれば特に早く感じますのでそう感じてしまいます。

ですが、逆に普段から1分足を見てトレードされている方は、どの時間足でもゆったりとトレードできるものなのです。

わたしも専業トレーダーだった時期によく1分足でスキャルピングをしていたので、今はどの時間足を見ても焦ることなく落ち着いて分析・トレードできます。

これはチャートを見る人間にとってはとても有利なポイントだと思います。

15分足や1時間足でトレードする時も平常心で落ち着いてトレードできますから分析にもミスが起こりにくいです。

1分足に慣れるという時期を作ることによって他の時間足でのトレードの精度も上がるということですね。

スキャルピングのデメリット

スキャルピングのデメリット①
負けると熱くなりやすい

では、逆にデメリットはどうでしょうか?

まず「負けると熱くなりやすい」というデメリットがあります。

どういうことかと言いますと、スキャルピングの場合エントリーできそうなポイントがたくさんあります。

例えばデイトレードの場合は1トレードごとにある程度時間の間隔があります。

仮に負けた場合、「くそ!」と思っても次のエントリーまでにはその感情が静まっていることが多いのです。

ですが、スキャルピングの場合は、負けて「くそ!」と思った次の瞬間にエントリーポイントが来たりします。

当然冷静にトレードしているメンタルコントロールができている人の場合は問題ないですが、まだ感情が高ぶったままのトレードは感情的になりルールをしっかり守れなかったり、見落としたりする可能性が高まるのです。

そうなると連敗が続きます。

連敗が続くと更に、感情がぶれるのでまた負けるといった負のスパイラルに落ちてしまうことがあるのです。

こうなると大変ですね。

ですから、わたしの生徒さんでスキャルピングをされる方にはたまにデスクから立ってという風にアドバイスしています。

いったんパソコンの前から離れてメンタルが正常になるまでトレード禁止という自分のルールを作るのです。

そうすることで避けることができます。

スキャルピングのメリット②
「視野が狭くなりやすい」

また「木を見て森を見ずの状態になりやすい」ということもあります。

スキャルピングというと1分足でトレードする人が多いです。

人によっては5分足や秒足のようなものを使うトレーダーの方もいらっしゃいますが、こういった時間足を見てトレードするとスピード勝負になるので大きい時間足まで見ることを忘れる方がいらっしゃいます。

忘れるというか気づいたら自分のトレードする時間足に釘付けになっていたというような状態ですね。

もちろん2つの時間足だけでトレードして勝ち続けているトレーダーが存在するということは現実にあるのですが、それは熟練のトレーダーだと思います。

やはり1分足でトレードする場合でも15分足のトレーダーがどこで大きなポジションをとったり損切りをしてくるのかというのをしっかりと分析しておくことは大切です。

より大きい足のビッグプレーヤーがどういった動きをとってくるのかを背景にトレードした方が勝率は上がります。

ですから、このことはしっかりと頭にいれてトレードすることをおすすめします。

FX初心者の方は無理をしてスキャルピングをする必要はありません。

こう見ると一長一短あるようにも思えますが、個人的には最初は無理をしてスキャルピングをする必要はないかなと思っています。

デイトレやスイングトレードでのんびり利益を上げられるようになってからでも遅くはありません。

ですが、1時期スキャルピングを取り入れた方がデイトレやスイングでの成果も上がるような気もしています。

それは早いスピードのチャートに慣れることによってチャートを分析するということに余裕が出るからです。

こればかりは経験を積んでいってスキルアップするものなので自分自身で体験・体感していくしかないのです。ぜひこのスキャルピングに対する考え方を一度取り入れてもらって自分のトレードに活かしてください。

人気FX会社をわかりやすく解説!
FX初心者の方へ、勝ち続ける為の考え方をまとめた無料レポートをつくりました

勝ち続ける投資家心理
【勝ち続ける投資家心理】
著者 Tren-Drive受講生 福島 稜真
目次 (PDF全49ページ)

  1. ご挨拶
  2. 成功者に聞いたFXで必要な事
  3. FXで損をする人が多い3つの理由
  4. 不安なままトレードすると絶対に負ける
  5. FXで勝ち続けている人の考え方とは
  6. トレードで負けてお金が減るのは当たり前
  7. いかに上手に負けるかが利益を出し続ける為には重要
  8. FXで成功している人が語るFXの最終ゴールは
  9. FXでどんなに利益を出していても忘れてはいけない事
  10. 最後に
なぜ同じ相場、同じチャートでなぜ勝ち続ける人と、負ける人がいるのか、その違いをこのレポートに書いています!是非見て下さい!

見る

MT4人気ランキング

MT4が使えるFX会社ランキングMT4はカスタマイズ性に優れたFX取引ツール!チャートの便利さ、高機能で誰でも無料で使えるのが人気!

FOREX.com

フォレックス・ドットコムMT4

MT4を使いながら1000通貨(ドル円なら約4000円)から取引が可能なので、デモ取引だと実際の感覚が分からない。と言う方はFOREX.comを開設してMT4でリスクの少ない1000通貨での取引で練習のつもりで取引してみるのはいかがでしょう?

OANDA FX

MT4スプレッド2

ドル/円だと、4円から取引可能!取引単位も1通貨の為、1通貨刻みの細かい取引が可能です。日本の業者には滅多に無い5秒足まで見れるため、デイトレーダーの方に重宝! オアンダが選ばれる7つの理由は公式サイトで!

FXトレード・ファイナンシャル

らくらくFX

Macでも使えるウェブ版MT4を提供!また他の会社にはない発注ツールFXTFミニターミナル(Mini terminal)を利用すればシームレスな取引が可能!詳しくは公式サイト下部をご覧ください。

-FX講座, スキルアップ
-

Copyright© DRIVE FX , 2018 AllRights Reserved.