スポンサーリンク

【質問】FXでの流動性のリスクについて

FXでの流動性のリスクについて 質問まとめ

 この記事カテゴリは質問回答サイトや情報サイト等で参考になった情報を集めてまとめております。FX初心者の方は同じ疑問を持った人の質問や回答の中に勝てるヒントがある事もあります。FXは勉強、勉強、また勉強です!!
引用元 Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13139484923

質問
v68oさん2014/12/1602:20:33
流動性のリスクについて

FXはやったことなく初心者です。
流動性のリスクというのがありますが、FXは売りたいときや買いたいときにボタンをクリックすればその瞬間売ったり買ったりすることが出来るのではないのですか?


ベストアンサー以外の回答
fibo_rexさん 2014/12/1602:55:17
いわゆるUSD/JPYやEUR/USDなどのメジャー通貨ペアでしたら、流動性が高く、リスクは小さいですが、NZDや南アランドなどのマイナー通貨の場合、時間帯によってはスプレッドが広くなるリスクがありますし、クリスマス、年末年始などの期間はメジャー通貨ペアでも流動性の低下の為、驚くほどスプレッドが広くなる時があるようです。

質問者が一番参考になった回答

回答
ayaaki100さん 2014/12/1614:45:02
外国為替(インターバンク)市場における為替取引では、ブローカー経由の取引を除くと、銀行がレートを提示し、顧客(他の銀行を含む)が了承すると取引が成立する仕組みになっています。銀行はレートを提示している以上、取引を拒むことはできません。

一方、FX(外国為替証拠金取引)では、FX業者はレートを提示していても、相場展開次第で取引を拒絶できるのだそうです。つまり、投資家は売りたいとき・買いたいときに取引できない可能性があるということです。また、たとえば米ドル/円の場合、通常1銭以下のスプレッド(売値と買値の差)が10~20銭程度に拡大することも珍しくありません。スプレッドが拡大すると、売りたい価格・買いたい価格で取引できない恐れがあります。

ご参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました